バイト面接用の履歴書って、どんな写真がいいの?


 

これからバイトを始めようと考えているあなた、履歴書の写真がどれだけ大切か考えたことはありますか?「まぁバイトだし」と気軽に考えていると、自分の気付かないところで損をしているかも知れませんよ。
 
履歴書の写真は自分の印象を左右する素材のひとつです。なぜかというと、面接時の印象と、履歴書の内容が相手側の判断材料になるからです。写真の色合いや、写真写りにも気を配りたいところですね。
 
そこで今回は、バイト面接時に持参する履歴書用の写真について特集しました。この情報を参考にして、面接に活かしてみてはいかがでしょうか。 
 

バイト面接用の履歴書写真ってどこで撮ればいいの?

まず初めに、写真をどこで撮るのかわからない人のために、説明したいと思います。
 
若かりし頃によくわからず、わざわざ写真屋さんに行って履歴書用の写真を撮ったという人もいるのではないでしょうか。しかしバイト用の履歴書写真では、そこまでする必要はありません。
 
では「どこで撮ればいいの?」と疑問が生まれてしまいますよね?今は大変便利な時代です。いろいろな方法がありますが、わたしのおすすめは、証明写真機を利用することです。
 
「証明写真機?」と知らない人もいるかもしれませんね。もし証明写真機を知らない人はよく最寄りの駅やコンビニを見てみて下さい。証明写真機のBOXが設置されている場所は意外にも多く、無意識のうちに視野に入っているはずです。
 
駅やコンビニ、ほかにもスーパーやドラッグストアなど自販機と同じような感覚で設置されている場所が数多くあります。「履歴書 写真 場所」などと検索すれば自分の住まいからの最寄りの設置場所も調べられるのでお手軽な手段のひとつと言えます。
 
間違ってもプリクラやスマホの自撮りの写真を履歴書に貼って面接に行かないでください。人間性を疑われてしまうかも知れませんよ。
 
ただ最近では履歴書用の写真が撮れるスマホアプリもあるようです。しかし写真の見栄えがアプリとスマホの性能に左右されますので、やはり確実なのは証明写真機で撮影することでしょう。
 

写真ってスーツじゃなきゃダメ?

バイト面接において履歴書の写真を撮影する際、服装にお困りではありませんか?バイトを舐めてはいけませんが、固く考える必要もありません。
 
スーツを着て証明写真を撮るのは就職活動からで大丈夫です。ただしバイトといっても、スーツで働くような職種の場合は、スーツを着て写真を撮ることが望ましいです。
 
さて、私服での撮影ですがどんな服装が良いのでしょうか。あまり固く考えずにとは言いましたが印象を悪くしては元も子もありませんファッションは自由です。しかし、向き不向きはありますのでシーンを考えて配慮してください。
 
では向き不向きとはなんなのか考えてみましょう。社会人はなぜ一般的にスーツを着るのでしょうか。その理由の一つが「清潔感」です。バイトの履歴書写真で一番注意すべきポイントです。そう、バイトの履歴書写真に向いているのは清潔感のある格好なのです。
 
清潔感を出すために白ベースのカラーの服をチョイスすると好感度は上がります。履歴書用の写真はバストアップですので上半身だけ気を付ければ大丈夫です。伸びきったTシャツはやめて襟の付いたシャツを着るととても良いですよ。
 
さらに気を付けておきたいポイントを追加しますね。肌の露出が多い格好や、だらしなく伸びきった髪型、セットされていない髪型は避けましょう。アクセサリー類は外して素の自分を写真の中に表現してください。
 
 
◇サイズ

ここまで、履歴書用の写真をどこで撮るのか、服装はどんなものをチョイスしたらよいかをお伝えしてきました。以下では写真サイズについてまとめありますので参考にしてください。
 
履歴書用の写真サイズは縦4センチ、横3センチ程度のものが一般的です。証明写真機を利用すれば具体的に説明があるので選択にも迷わないでしょう。
 
何枚かセットでプリントされるため、カットは自分で行います。この際、注意点がひとつ。はさみでカットするとガタガタになって、せっかく撮れたいい写真も台無しになってしまいます。きちんと定規とカッターを使ってまっすぐにカットしてください。
 
履歴書に証明写真を貼る際は、少し意識を集中して曲がらないように履歴書に貼りましょう。ここが最後の難関ですね。これまですべて大丈夫だったとしても写真が歪んで貼られていたら、会社の採用担当者もいい印象を持たないでしょう。すこしでもライバルに差をつける為に、最後の最後まで気を緩めてはいけませんよ。

 

まとめ

バイト面接をするには履歴書を要求されるケースがほとんどです。履歴書用の写真ひとつとっても、知らないことがたくさんあったのではないでしょうか。基本的には相手に好印象を持ってもらう意識で取り組めば、ここまでお伝えしてきたことは抵抗なく実行できるはずです。印象が良ければ採用率はぐんと上がるので、差をつけるポイントとして役立ててください。
 

当ブログでは元バイト経験者たちが集まってオムニバス形式で更新しています。