マックのバイトって大変て聞くけど実際どうなの?!元店員に聞いてみた!

シフト自由、週1回、2時間~OK、自由度が高く働きやすそう…。私が高校1年生の夏、初めてのバイトがマックでした。人生初のバイト、マック店員を選ぶ人も多いのではないでしょうか。私の経験から言わせてください。初めてのバイトにマクドナルドは間違いないです!もちろん簡単で楽、というわけではありません。全国チェーンのマックは、独自のマニュアルがしっかりしていて研修も十分なこと、バイト初心者の仲間がたくさんいること、そして楽しく忙しいこと…!学生時代に「稼ぐ」ということがどういうことか、しっかり学べる場所です。ぜひマックのバイトを始める前の参考にしていただければと思います!

 

マックのバイトって大変なの?

はっきり言ってマックのバイトは大変です。何よりも覚えることがたくさんあります。例えば、基本のレジ操作。マックは専用のモニターレジなので、バーコードを通すだけではありません。商品の場所、操作方法をまずはしっかり覚えることがレジ操作の前に必要になります。レジの操作に慣れてきたらドリンクを作り。ボタン1つのジュース類は比較的簡単ですが、フルーリーやソフトツイストなどを作ることもドリンクセットの仕事の1つです。短時間での作業を求められるマックでは、きれいに作るだけではなく時間もこだわらなくてはいけません。そして中で商品を作ること!商品づくりはコックや社員の仕事ではありません。男性のアルバイトさんはバイトを始めてすぐに作り始めることもありますよ!定番バーガーだけではなく、季節限定のメニュー、そしてポテトを始めとする再度メニューも作り方とそれぞれの食材、調味料を覚え、ひとりで作っていきます。もちろんはじめは作り方を教わったり、マニュアルを確認しながら操作方法や作り方を覚えていくので「絶対覚えられないよ!」なんてことはありません。しかし始めはシフト以外でマニュアルを見たり、バイトの

動きを思い浮かべてみることが必要になるのです。


マックのバイトって何が楽しいの?

覚えることも多いし、作業も多い、全然楽しそうじゃない…なんてイメージをさせてしまったらすみません!マックのバイトは大変な反面その分楽しさもたくさんあります!私はマックのシフトに入っている間、タイムトライアルのゲームをしているような楽しさを感じていました。お客さんとしてもマックの商品は早くでてくる、なんてイメージがありますよね。一時は店舗としても「〇〇分以内に全部商品が揃わなかったら割引券をプレゼント!」なんていうキャンペーンをやっていたほど。そう、マックのバイトに慣れてきたらいかに「早く」そして「きれいに」作るか追及するのが楽しいんです!レジ操作では、セットメニューと単品メニューを打ち込む画面が別にありますが、単品で一つ一つ操作していってもセットメニューと同様のものを打ち込むと勝手にセットメニューとしてレジが判断して値段を算出してくれるのです。いかにどの画面のどのキーで操作するとレジが早く済むか!さらにレジにかかった時間は毎回記録されていて画面上で確認できるので、レジスピードが上がったことを常に感じながら仕事ができます。時には他のモニターで確認している社員さんに「レジ、早くていいね!」なんてほめられることも。バーガー作りも同様、いかに早くうまく作るか、バーガー作りのプロのようにうまい人たちがたくさんいるので、上を目指すことに終わりがないんです!

そんなゲームのような楽しい作業がマックにはたくさんありますよ。(実際にバイトを始めると、DSで仕事を覚えられるゲームがあります…!それはマックバイトを始めてからのお楽しみ♪)


ここが嫌だよ・・・マックのバイト!

私がマックのバイトで唯一嫌だったところ、それはずばり「におい」です。マックに入ると感じる、ポテトのようなにおいがしますよね。マックに食べに行ったら服にマックのにおいが染みついちゃった…そんな経験はありませんか?マックのバイトに入れば、いくらシフトが2時間だとうとにおいがばっちり染みつきます。もちろん服は制服なので着替えますが、下着や髪の毛に染み込んだにおい、その日中はばっちり身体からにおってくるのです。バイトの後にバイト仲間と飲み!そんなときはまったく気になりませんが、バイト後にデート…なんてことがあったら一度帰ってシャワーを浴びる他ありません。私は香水やヘアスプレーでごまかしたこともありましたが、バイト後のにおいが気になる、というのはマックでバイトするにあたって避けて通れない苦難です。


マックのバイトの仕事内容とは?

先ほど簡単にご説明しましたが、マックのバイトの基本はレジ、ドリンク、バーガー作りです。バイトに入ると女性はレジから、男性はバーガーづくりから教わることが多いようです。(※もちろん希望があれば聞いてくれる環境もありますので、レジはやりたくない!という人も大丈夫。)他にも、店内の机拭きや店内、トイレ掃除、商品(ストックしてアルサイドメニューやコーヒーなどの時間持ちする商品)の管理などがあります。1時間に1回徹底されている手洗いも仕事の1つです。やる気があり、慣れてくるとバイトリーダーやシフト管理もどんどん任せてもらえる環境にあります。自分の希望に合わせていろんな仕事が経験できることはマックバイトの魅力ですね!

 

面接ではここが聞かれる!

面接では基本の項目を押さえておけば大丈夫。志望動機やシフトの希望、バイト経験などは答える準備をしていきましょう。また、面接では無理をして背伸びをする必要はありません。主婦やご老人、外国人もたくさん働いていうマックは、ありのままを受け入れ、それぞれに合った働き方ができます!緊張しすぎず、リラックスして面接に臨みましょう。


マックのバイトが向いている人!

ずばり、マックのバイトに向いている人は「スピードに自信がある人」です!レジでも商品づくりでも早さ、そして綺麗さが求められるマックは、スピードを追求したい人にはたまらないアルバイトになることでしょう!

もちろん自分はのんびりタイプだなあ、という人も大丈夫。丁寧さを武器にして、少しずつ仕事を覚えることでスピードを上げていくことができます。「マックでバイトをしたら、不器用さや不効率さがなくなった!」なんて声も聞くので、「どんくさい性格を直したい…」なんていう人にもぴったりかもしれませんね。(ちなみに私も当初よくピーク時に「4番レジ遅い!」と指摘されていたものですが、半年経つと他のレジスピードより早く丁寧に作業ができる自信がついたものです。

バイト初心者さんから、マックのプロの道を追求したい人、それぞれの人に見合った働き方はできるのが、マックのアルバイトです。


まとめ

最後に私は言いたい、「マックのアルバイトをしておけば間違いない!」ということを!私自身、初めてのバイトでマックを選び、レジ業務を始めとする接客業のいろはをマックで学びました。少し前に「マックのバイトをしている人は優秀だ!」なんて考えがあったほど、「働くってどういうことか」をしっかり学べる場所なんです。以後マック以外で接客のバイトを3つほど経験しましたが、どこのアルバイト先の面接でも、「マックでやっていた経験があるなら安心だね」と言ってもらうことができました。マックのバイトいいじゃん!そんな風に思っていただけた方、ぜひマックのアルバイトに応募してみてくださいね!

当ブログでは元バイト経験者たちが集まってオムニバス形式で更新しています。