コンビニバイトの志望動機って何を書けば良いの?!

コンビニバイトの志望動機は、正直「ないよ!」なんて方が多いのではないでしょうか。本音で言うと、「楽して稼げそうだから」「家から近いから」「入りやすそうだから」なんて方が大半なはず。もちろん志望動機の本音としてはOKですし、実際に私もコンビニでアルバイトを始めた動機は、「家から近くて意外と時給がよかったから」でした。しかし本音でそのまま応募するのはちょっと待って。書き方次第では、採用側にも悪印象を与えず、かつ嘘はなしで書くことができます。
自分の志望動機なんだから、別に取り繕わなくても入れちゃうんじゃないの?そんな声も聞こえてきそうですが、もちろんそのようなコンビニも多くあると思います。しかし中には、「いい子がいたら採用しよう」という長期目線の求人もちらほら。そういうコンビニはとくに、人手不足が深刻ではない=アルバイトがあまりやめない=働きやすい仲の良い店舗、仕事がきつすぎず待遇がいいコンビニなんてことも。「楽して稼ぎたい」なんて考えているあなた、そんなあなたのために面接で使えるコンビニの志望動機、何書けばいいのをお教えします!

 

コンビニバイトの履歴書の志望動機の欄・・・何を書けば良いの?

ここでは先ほどの志望動機の本音別に、履歴書に書くべき動機理由の例をあげていきますね。

「楽して稼げそうだから」
→「シフトの希望が合い、しっかり働くことで安定したバイト代を得たいと思ったから」
注意点:「楽して」という志望動機はNGです。実際は朝や昼のピークはコンビニが混むためとても忙しく、それ以外でも接客意外にも品だしや在庫管理、揚げ物等の調理や管理もあるため意外と仕事量が多いのです。仮に楽だとしても、「楽したい」なんていう志望動機での方を採用するのは少しいい気がしませんよね。「稼ぎたい」という希望はそのままで、コンビニのアルバイトのメリットでもある、「シフトが基本固定しているためしっかり稼げる」という伝え方に変えて応募してみてはいかがでしょうか。


「家から近いから」
→「家から近いため、出勤に便利で負担なく続けられると思ったから」
注意点:家から近いから、という理由は〇です!家から近い、ということは採用側からしても交通費を出す必要がない、もしくは急な対応もしてもらえそう、という理由でかなりプラスかと思います。(急な対応というところはもちろん強制ではないのでコバイトを初めて頼まれた場合も気にせずに断ってしまってOKです。)また、コンビニのバイトはすぐにやめてしまう人も多いため、長く続けられる人に入ってほしい、という希望があるようです。「続けやすい」というワードを入れて、応募時から評価UPをしちゃいましょう!

「入りやすそうだから」
→「自分の希望と合致し、早くからしっかり働き始められると思ったから。」
注意点:入りやすそう、は少しストレートすぎると感じる方もいるかと思いますし、なんとなく軽いイメージが拭いきれません。求人を出しているということはすでにシフトに空きが出てしまっていることが多いので、面接をして「明日から来れる?」なんてところもあるので間違いではもちろんありません。なので「早くから始められる」という点に関しては採用側ものぞんでいる条件なのでしっかり伝えながら誠実さをアピールし、応募しましょう。

 

バイトに受かるための履歴書に施すコツ!

履歴書に施すコツ、それはずばり2つです!これは簡単なのでぜひ実践して望んでください。

①丁寧に書く
言われることもないくらい当たり前ですよね。もちろん字のうまい、下手を問いている訳ではありません。自分の字に自信がなくても丁寧に書けばOKなんです。後の項目、「コンビニに向いている人とは?」で詳しく触れますが、コンビニバイトに丁寧さは必要不可欠。丁寧にできるんだ、というところを字でアピールしながら応募しましょう。

②希望は細かく書く
ここに関してはコンビニならではかと思います。特に細かく書かなくてはならないのはシフト希望に対して。いつから入れるか、そして週に何回、何曜日、何時から何時で入れるか、そしていつなら調整可能か、等です。採用側としても採用した後のシフトについて考えることができますし、何より自分の希望をしっかり伝えることで理想の働きかたができるのです。面接中にももちろん質問される事項ではありますが、口頭だと言い忘れや、言い間違いがある可能性が高くなるので、これは自分の為にも応募前に整理しておくべきかと思います。

 

面接時のテンプレの質問だけは要注意!

テンプレ質問はこの4つ。応募前にしっかり抑えておきましょう。

①志望動機
これはどのバイトの面接でも聞かれますよね。志望動機は前術にて履歴書の書き方でお伝えしているのでばっちりかと思いますが、なぜ「応募するこの店舗」にしたのか、もしあれば、コンビニバイトで養いたいスキルや知識(接客、対人スキルや新商品、モノの流れの知識)等があればぜひ伝えてください。評価がぐっとUPします。

②シフト希望
こちらも全項で触れていますね。自分のシフト希望は応募前に正確に把握しておくようにしましょう。また、履歴書に書き忘れた点がある場合はここでしっかり伝えましょう。

③通勤時間、方法
コンビニまで歩いて〇〇分、自転車で〇〇分、電車〇〇線で○○駅から○○駅、○○分、家から駅までの時間と通勤方法も合わせて伝えましょう。短めに伝える必要はありません。ありのまま、もしくは余裕を持って少し長めに伝えることがおすすめです。車や自転車を使用する場合は駐車、駐輪場の有無を忘れずに聞いておきましょう。

④バイト経験
こちらも面接でよく聞かれる必須項目ですが、もちろんバイト経験がなくても気を負う必要はありません。丁寧さや計算の強さ、やる気をアピールしましょう。接客バイト経験がある人はぜひ伝えてみて。嘘を付く必要なありませんのでありのままを答えましょう。

 

コンビニバイトの面接時の服装は何が良い?

面接時の服装に関しては「清潔さ」、ここさえ抑えておけば大丈夫です。清潔さって具体的には、なんて声が聞こえてくるので簡単にご説明します。
まずはコンビニは接客です。お客さんに対して失礼じゃない恰好、と考えればだぼだぼの服や汚れた服は選びませんよね。そしてコンビニに入ってみると、店員さんも指定の制服の下はジーパンにスニーカーです。ですのでカジュアルな格好も「清潔であれば」問題ありません。
気を付けたいのは女性です。「接客」という点を理解できれば問題ないかと思いますが、派手な格好はNG。ネイルやアクセサリーに気を付けてください。ネイルはしていくとしても肌の色に近い単色、アクセサリーも小ぶりなものを選んで。コンビニバイトを始めてシフトに入る際にはネイル、アクセサリー禁止のところが多いので気になる方は事前に聞いておくといいと思います。派手な髪色も店舗によっては敬遠されるので応募するコンビニの店員をチェックしておくといいかもしれませんね。短いスカートを履いてヒールを履いて、なんておしゃれする必要もありません。おしゃれっ子さんは少し地味目にいく、くらいの気持ちで面接の服装を選んでみてください。

 

コンビニバイトに向いている人とは?

コンビニの仕事って意外と細かい作業が多いんですよね。品を1品1品チェックしたり、大量の商品をすべて前に向けたり。1円単位のお金を取り扱い1円の差異なくチェックをする。細かい表に商品情報をまとめる、なんて言う作業もあります。細かいことが気になる!小さいこともしっかりやりたい!なんて人にはぴったりなバイトなんです。大雑把だよって人ももちろん大丈夫です。(私も几帳面だね、と言われたことがないくらいの性格です(笑))丁寧に仕事をすることを心掛けましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。単純そうで奥が深いコンビニバイト!面接でいちいちいろいろ気にするなんて面倒くさい…なんてことはありません。実はここに書いてあるすべてのこと、どうしたら採用側として「一緒に働きたい」と思ってもらえるか、コンビニのために「役にたつ」と思ってもらえるか、それさえ考えればOKなんです。これさえ考えられる方であればコンビニのバイトでも十分にやっていけると思います。ぜひあなたのうちの近くのお店で!楽しくバイトをはじめてみてくださいね!
 

当ブログでは元バイト経験者たちが集まってオムニバス形式で更新しています。